忍者ブログ

Polygon Life

コミケの情報とかもあげていく予定、予定 3Dで好きなものを作っていく製作過程とか色々

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GoSoftimageLiteを試す

fraternobuさんがXSIModToolでも.obj出力できるよ
なことを言っていたので試してみました。
ご本人の記事はこちら http://blog.livedoor.jp/fraternobu/

過去記事も参照して試した結果.obj出力はできました。
使い勝手は非常に良いです、Modtool7.5でDirectX出力してからModtool6.0へ持って行き.obj出力とか面倒な手間が省けるので大変助かっております。(DirectXは出力が厄介)

GoSoftLite.objというファイルが吐き、インポートするときは再度をそれを読みに行っているのですが、それどこにあるの?っていうところで通常は C:\に置かれるはずなのでもし見つからなかったので検索を掛けてみたところ

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStoreのフォルダに置かれていた
理由はわかりませんが弄るのも怖いのでこのままにしています。
名前を変更して格納すれば一応保持はできるはず。

見つからなかったらCドライブをGoSoftLite.objで検索をかければ一発ですが。

拍手[0回]

PR

狩屋克杖

リグをうんたらしてる間に毎度時間を食うので今回はごちゃごちゃせず標準ボーンで行った
標準ボーン楽だ、足とかそのまま使えるし、膝ポリゴンの割り次第でなんとでもなる気がする、正座とかを考慮しなければボーン三本にする必要性は感じない

仕事ならここからスカートに仕込む仕事が始まるんだろうけど、ポーズだけなのでいつもどおり手付けでざっくり

今週にcgにする予定でいきます

拍手[0回]

画面切り替えのスクリプトとか

xsiは画面切り替えとかいちいちボタンもって行くのが面倒だからmaxっぽい感じで

シェーディング⇔ワイヤフレームのショートカットを使ってた
が、テクスチャデカールを仕事上よく使うから
ワイヤフレーム→シェーディング→テクスチャデカール・・・
っていうのを作った
かなり手探りだったけど一応形にはなったかな、もっと軽い処理がありそうなんだけど分からぬ・・・


VB
---------------------------------

'ビューモード切り替え
'ワイヤフレーム→シェーディング→テクスチャデカールと切り替わる
'上記以外の場合はワイヤフレームになる。

'現在のカメラを取得
oView = GetViewCamera (-1)

'現在のカメラのディスプレイモードを取得
oDM = GetValue (oView & ".camdisp.statunselnear")


If (oDM = 0) Then
SetValue oView & ".camdisp.statsel", 1
SetValue oView & ".camdisp.statunselnear", 1
SetValue oView & ".camdisp.intsel", 1
SetValue oView & ".camdisp.intunselnear", 1
SetValue oView & ".camdisp.playbacksel", 1
SetValue oView & ".camdisp.playbackunselnear", 1
Else
If (oDM = 1) Then
SetValue oView & ".camdisp.statsel", 9
SetValue oView & ".camdisp.statunselnear", 9
SetValue oView & ".camdisp.intsel", 9
SetValue oView & ".camdisp.intunselnear", 9
SetValue oView & ".camdisp.playbacksel", 9
SetValue oView & ".camdisp.playbackunselnear", 9
Else
SetValue oView & ".camdisp.statsel", 0
SetValue oView & ".camdisp.statunselnear", 0
SetValue oView & ".camdisp.intsel", 0
SetValue oView & ".camdisp.intunselnear", 0
SetValue oView & ".camdisp.playbacksel", 0
SetValue oView & ".camdisp.playbackunselnear", 0
End If

End If

拍手[0回]

アンビエントオクリュージョン

アンビエントオクリュージョンってなんぞや?ってことでちょっとある人が焼き付けてよく使っていると言っていたのを教えていただいたので、メモ


アンビエント オクリュージョン(Ambient Occlusion)

アンビエント オクリュージョンとは、ラジオシティ レンダリングの特徴でもある柔らかい陰影のみをシミュレートするアプローチで標準で機能を提供するレンダラもあります。製品によってレンダラへの実装に大きな差がありますが、レイトレーシングと併用する事でレンダリングコストを下げてラジオシティらしい効果が狙えるアプローチです。

デザイナー視点で見た3DCGの視点
より抜粋

まぁやわらかい陰影を表現するつーものなのかな


これがPhong↓


で適当に設定したアンビエントオクリュージョンがこれ↓


でコレをテクスチャとして焼き付けたい

手順
・RenderTreeを開いて
ノード→イルミネーション→アンビエントオクリュージョン
アンビエントオクリュージョンを選択して調整
□マテリアル設定--------
サンプル数:128(多ければ多いほど綺麗になるが重い)
明色:R1 G1 B1 A1
暗色:R0 G0 B0 A1

他は適当(というかわからん)

--------------------------------
で上レンダー状態になる

で、
オブジェクトを選び→取得→プロパティ→レンダマップ
で、プロパティはあんまり弄ってないのでわからないけどマップ再生生成でテクスチャが作成される

maxのテクスチャレンダー、これがないのかなーって思ってたけどあったみたいです、良かった良かった。
あとはこれをテクスチャに利用するなりなんなり、使い方は考えてくださいな。

拍手[0回]

克杖

趣味でさくさく作ってるんだけど土日に遊んだせいで9月になっちまったよー・・・
今週には終わらせたいっす

拍手[1回]

Copyright © Polygon Life : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

プロフィール

HN:
kur
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/03/17
職業:
3Dデザイナー
自己紹介:
サイト設置2006/04/25
社会へと飛び出した夢追いかけるしがない一人の人間、日々が明日へ続く一歩だと信じて今日も生きる


3dcg
twitter






カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

最新コメント

(11/26)
(07/17)
(12/25)
(02/24)
(04/13)

ブログ内検索

フリーエリア